MENU

ALVARK TOKYO

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【Bリーグ クォーターファイナル 京都ハンナリーズ 戦プレビュー】

【Bリーグ クォーターファイナル 京都ハンナリーズ 戦プレビュー】

BO04BO14.png
 
今週末 Bリーグ チャンピオンシップ2017-18 の熾烈な戦いが始まる!!
アルバルク東京は、5月12日(土)、13日(日)にホーム・アリーナ立川立飛(東京都)にて京都ハンナリーズと対戦します!!
 
◆渡邉AGM「TAKUMA’S EYE」
『チャンピオンシップは初戦が肝心!勝って勢いを!!』
 
長いレギュラーシーズン(以下、RS)60試合を終え、勝ち抜いた8チームは戦いの舞台をチャンピオンシップ(以下、CS)へと移す。RSは序章であり、本当の戦いはこれからである。
 
チャンピオンシップクォーターファイナル(以下、CSQF)の相手は、先週末のRS最終節で戦った相手、西地区2位の京都ハンナリーズ(以下、京都)だ。京都のチームスタイルというのは、「一丸」という言葉が当てはまる。理由としては、先週末のRS最終節を見ても分かる通り、ベストメンバーが揃わなくてもその試合のゲームプランがしっかり実行されている事、個々の役割がしっかりしているので大崩れする事が少ないからだ。また、チームディフェンスの徹底、特にチームメイトが抜かれたり遅れた時のフォローのスピードやスムーズなローテーションがより「一丸」を感じさせるからでもある。京都の中心となるのは、PG#3 伊藤、SG#12 岡田、PF#5 ダブ、PF#32 マブンガ、PF#43 永吉だ。特に#3 伊藤には注目したい。京都は彼のゲームメイクが中心であり、西地区2位という結果への貢献度はとても高い。オフェンスでは彼と#5 ダブ、#32 マブンガが起点となり、自由自在にディフェンスを崩して行く。それに加えアウトサイドには#12 岡田を中心としたシューター陣が待ち構えており、フロアバランスがとても良いのが京都のストロングポイントだ。#3 伊藤、#7 晴山、#12 岡田、#32 マブンガ、#33 内海、#91 片岡の3Pは破壊力が抜群であり、入り始めたら手が付けられないだろう。ディフェンスではチームディフェンスが徹底されおり、カバーディフェンスやゾーンディフェンスなどチームでのルールがしっかり意思統一されているので安易に攻略することは難しい。ただ、リバウンドやインサイドには不安が残るだろう。
 
対する我らがアルバルク東京は東地区2位でCSQFへ臨む。CSという大舞台では初戦の入り方が最も重要と言える。初戦の戦い方を先手先手を取りアグレッシブにアタックする事でメンタル的に優位に立つ事が出来る。優勝するためにはここでの勢いを付けることが大きな意味を持つ。選手たちはルカヘッドコーチの厳しい練習をシーズンを通して続けてきた事に自信を持ち、このCSを戦い抜いてもらいたい。CSQFで中心となるのは、#3 安藤、#6 馬場、#15 竹内、#24 田中、#53 カークだ。今季チームの中心としてコンスタントな活躍をしてきた彼らにはここからもう1つギアを上げてチームを牽引して欲しい。特に、RSとは全く雰囲気が違うCSでは彼れがリーダーシップを取り、安定した試合展開にして行くことが必須だ。RS後半ではシステムを読まれる事も多々ありアルバルク東京らしさを見失う試合も数試合見られたが、そこを彼らを中心にチームワークで乗り越えてきた経験はCSで必ず活きてくるはずだ。オフェンスでは今までチームで徹底してきている速い展開からサイドチェンジを多用したスタイルで相手チームのディフェンスを崩し、良いセレクションでシュートを放つことがキーだ。チームディフェンスが素晴らしい京都はヘルプディフェンスの寄りも速いので、アタックした選手の正確な状況判断が必要となってくる。また、RS最終戦で京都はゾーンディフェンスをする時間帯もあったので、ゾーンオフェンスの準備もしておかなければならない。ディフェンスでは1対1を責任持って守るという意識が大切であり、強い気持ちを持たなくてはならない。1つのミス、1つのプレーで流れが一気に変わってしまう。CSでは40分間の集中が絶対だ。自分たちのスタイルを貫く事、そして#6 馬場、#24 田中にはこのCSでチームを勝利に導き、自分たちの存在感をリーグ全体に、また日本バスケ界に存分にアピールして欲しい。
 
初戦が大事なCS、もちろんファンの皆さんの声援が絶対に必要です!是非、アリーナ立川立飛に足を運んで頂き会場を真っ赤に染めましょう!よろしくお願いします!!!
 
s_AZ4_1546.jpg
◆#53 カーク選手コメント
60試合と長いレギュラーシーズンを戦い終え、チャンピオンシップシリーズ・クォーターファイナルはホームでプレーする事ができて本当に心強いです。フィジカル、メンタル面で万全な形で挑みます。悔いのない戦いを心掛け、セミファイナルに進みたいと思いますので、熱い応援よろしくお願いします。
 
【試合日程】
5月12日(土)17:05 試合開始 @アリーナ立川立飛
5月13日(日)15:05 試合開始 @アリーナ立川立飛
 
【試合情報】
5月12日(土)、13日(日)京都戦試合情報はこちら
https://www.alvark-tokyo.jp/news/game_20180512_20180513.html
 
【テレビ/ネット試合中継】
試合会場にお越しになれない方はテレビ/ネット中継でアルバルク東京の試合をご観戦ください。
 
◆テレビCS中継
両日ともに試合開始5分前からスカパーにて生中継されます。
スカパー詳細は↓
https://sports.skyperfectv.co.jp/bleague/
 
◆J:COM中継
両日ともに試合開始5分前からJ:COMテレビにて生中継されます。
https://www.jcom.co.jp/service/tv/
 
◆ネット中継
両日ともに試合開始5分前からスポナビライブ/DAZNにてライブ配信されます。
※スポナビライブの新規入会受付は終了いたしました。