MENU

ALVARK TOKYO

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【4月14日(土)、15日(日) 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 戦プレビュー】

【4月14日(土)、15日(日) 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 戦プレビュー】

BO04BO12.png
4月14日(土)、15日(日)はホーム・アリーナ立川立飛(東京都)にて名古屋ダイヤモンドドルフィンズと対戦します!!
 
◆渡邉AGM「TAKUMA’S EYE」
『相手のペースに乗る事なく、先手先手で自分たちのスタイルを!』
 
アルバルク東京はチャンピオンシップ(以下、CS)進出を決めたものの、東地区の首位争いは依然として続いている。また、他地区でのCS進出を賭けた争いも激しさが増しており、レギュラーシーズンはまだまだ目が離せない展開となっている。
 
今節はホームアリーナ立川立飛に名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(以下、名古屋D)を迎えての連戦となる。名古屋Dは現在、25勝26敗で中地区2位。シーホース三河が既に中地区優勝を決め、中地区からのCS進出枠は残り1つとなっており、ワイルドカードでの進出も含め気が抜けない状況だ。また、中地区では名古屋と三遠ネオフェニックスが熾烈な2位争いを繰り広げており、今節も気合い十分で臨んで来ることは間違いないだろう。名古屋Dの中心となって来るのは、SG#6 船生、SF#8 張本、SG#12 中東、PG#21 笹山、PF#24 バーレル、PF#34 ブラッキンズだ。アウトサイド、インサイド共にタレント豊富な名古屋Dは本当に怖い存在だ。特にシュートレンジが広い選手が多く、一度乗ったら中々止めることは難しい。また、若手とベテランのバランスが取れておりチーム状態も良いので、ここから更にチームが成熟して来る事が予想される。中でも、#24 バーレルの存在が大きくチームの調子が上がらない時も彼の踏ん張りで持ち堪える事があり、ここに若手の勢いが加わるとチームとしての幅は本当に広がるだろう。他にはアルバルク東京に所属していた#8張本 のオールラウンドなプレーにも注目したい。
 
対する我らがアルバルク東京は、3月末の川崎ブレイブサンダース戦後に2年連続のCS進出を決め、今シーズンの目標の1つをクリアし優勝にまた1つ近付いた。東地区の首位争いは最後まで縺れそうな気配がするが、まずはチーム一丸となり目の前の試合に集中して行く事が大切だ。今節のポイントとなって来るのはチームディフェンスだ。最近の敗戦試合ではオンボール、オフボール共に1on1で突破されるシーンが多く見られるので、まずはここを改善し、個々の意識をしっかりして行く事が重要だろう。個々の意識を変える事が自ずとチームディフェンスの強化と徹底に繋がると思う。チームディフェンスのキーとなるのはPGへのプレッシャーとインサイドのディフェンス、それとリバウンドだ。特に名古屋#24 バーレルや#8張本 のオフェンスリバウンドには警戒したい。川崎戦でもリバウンドで流れを持って行かれたシーンが何度もあったので、CSを見据えればしっかりとチーム内で徹底し、強化していかなければならないところだろう。オフェンスではチームのシステム上、相手に読まれることも多くなってきてはいるが、そこを上手く使い裏や逆を突くプレーを多用する事で、また新たな展開を生む事が出来ると思うので、アグレッシブにトライして欲しい。レギュラーシーズン最後の最後まで気が抜けない試合が続くと思うが、チームで乗り越えて行って貰いたい。
 
今シーズンもホームアリーナでの試合が残り少なくなってきました。赤いグッズをまだ購入していない方は早急に購入し、会場を真っ赤に染めて選手に勇気を与えましょう!よろしくお願い致します!!Let’s go TOKYO!!!
 
s_AZ4_0797.jpg
◆#6 馬場選手コメント
やっとコートに戻って来ることができました。プレーオフまであと9試合となり、負けられない戦いが続きますが、今まで休んでいた分チームに勢いと流れを持ってこれるようなプレーが出来るように頑張ります!!
 
【試合日程】
4月14日(土)17:05 試合開始 @アリーナ立川立飛
4月15日(日)15:05 試合開始 @アリーナ立川立飛
 
【試合情報】
4月14日(土)、15日(日)名古屋D戦試合情報はこちら
https://www.alvark-tokyo.jp/news/42143.html
 
【テレビ/ネット試合中継】
試合会場にお越しになれない方はテレビ/ネット中継でアルバルク東京の試合をご観戦ください。
 
◆テレビCS中継
両日ともに試合開始5分前からスカパーにて生中継されます。
スカパー詳細は↓
https://sports.skyperfectv.co.jp/bleague/
 
◆J:COM中継
両日ともに試合開始5分前からJ:COM(東京エリア)にて生中継されます。
https://c.myjcom.jp/jch/p/bl_tokyo/
 
◆ネット中継
両日ともに試合開始5分前からスポナビライブ/DAZNにてライブ配信されます。
※スポナビライブの新規入会受付は終了いたしました。