MENU

ALVARK TOKYO

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【3月10日(土)、11日(日)サンロッカーズ渋谷戦プレビュー】

【3月10日(土)、11日(日)サンロッカーズ渋谷戦プレビュー】

BO04BO05.png
3月10日(土)、11日(日)はホーム・アリーナ立川立飛(東京都立川市)にてサンロッカーズ渋谷との対戦になります!!
 
◆渡邉AGM「TAKUMA'S EYE」
「ホームで連敗脱出へ!激戦必至の東京ダービー!!」
今節は、共に東京を本拠地としているクラブ同士の戦い「東京ダービー」だ。アリーナ立川立飛での東京ダービーの開催は初となる。共に連敗同士の連戦となるので、激しい試合となることが予想される。
 
サンロッカーズ渋谷(以下、渋谷)は現在22勝18敗で東地区4位。昨シーズンよりもアグレッシブなチームディフェンスとバランスの良いオフェンスが今シーズンは目を引く。その中心となるのは、C#6 サクレ、PG#7 伊藤、PG#9 ベンドラメ、SF#24 広瀬、PF#55 ハレルソンだ。オフェンスは#6 サクレと#55 ハレルソンのインサイドとピックアンドロールからのアウトサイドを中心に展開しており、彼らの安定が渋谷を支えている。また、#7 伊藤や#9 ベンドラメのPG陣のクイックネスを活かしたピックアンドロールからのプレイも渋谷の武器の1つであり、彼らのゲームコントロールがチームに勢いを与えている。アウトサイド陣では#22 長谷川、#24 広瀬の存在が大きく、チームの流れが悪い時に彼らがいつも起爆剤となっている。昨年とは全く違う渋谷には要注意だ。
 
対する我らがアルバルク東京は現在3連敗中であり、首位の座を守るためにも今節は絶対に連敗をストップさせ連勝したいところだ。今節のキーとなるところはシンプルな攻めと守りだ。チームが上手く進んでいない時ほど、原点に戻り1つ1つのプレイをしっかり遂行していくことが大切になってくる。オフェンスでは、まずアルバルク東京らしい激しいプレッシャーとチームディフェンスから早い展開を作り、イージーポイントを多くすることが重要であり、例えイージーポイントに繋がらなくても、チームでコートいっぱいに走りきることで相手のディフェンスラインにズレが生じ、自分たちのハーフコートオフェンスを展開しやすくなるだろう。特に渋谷の#6 サクレと#55 ハレルソンはディフェンスへの戻りは速くないのでトランジションで有利に立つ事が大事だ。また、最近の数ゲームではシュートセレクションが良くないミドルシュートが増えている傾向にあるので、チームでシステムを実行する中で一瞬でもチャンスがあれば果敢にアタックしていく事が、今の悪い流れを断ち切るためには絶対に必要なプレイだ。ディフェンスでは、前節の新潟アルビレックスBB戦でも分かるようにインサイドへのディフェンスに課題が残る。今節もサイズがある渋谷#6 サクレと#55 ハレルソンがインサイドで存在感を出しているので、#21 レーンや#53 カークやが1on1で守る事は勿論だが、チームで守る意識をもっと持たなくてはならない。ピックアンドロールも同じであり、チーム全員が共通意識を40分間持ち続けて守る事をこの連戦では継続していかなくてはならないだろう。
どのシーズンでも、上手くいかない時期は絶対にある。優勝するチームでさえ1シーズンで何回も上手くいかない時期があるぐらいだ。この時期をチームで乗り越えていく事で、レベルアップしていく事が出来る。まずは我慢をして自分たちがしてきたバスケットボールを信じ、根気よく継続していく事だ。そうする事で、チームとして進むべき道が見えてくるだろう。
 
アリーナ立川立飛での初の東京ダービーです!会場を真っ赤にして盛り上げ、選手を鼓舞しましょう!Let’s go TOKYO!!!
 
s_AZ4_1546.jpg
◆#53 カーク選手コメント
サンロッカーズ渋谷は#6 ロバート・サクレ選手をはじめ、NBA経験のある能力の高い外国籍選手たちが在籍しているチームです。激戦区である東地区同士の戦いで、タフな試合だと思いますけど、勢いにのって勝ちたいと思いますので、応援よろしくお願いします!
 
【試合情報】
3月10日(土)、11日(日)SR渋谷戦試合情報はコチラ⇒ https://www.alvark-tokyo.jp/news/40483.html
 
【試合中継】
「スカパー!」、「スポナビライブ」にて試合中継が行われます!!
詳しくは⇒ https://www.alvark-tokyo.jp/news/40483.html