MENU

ALVARK TOKYO

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【2月17日(土)、18日(日)千葉ジェッツ戦プレビュー】

【2月17日(土)、18日(日)千葉ジェッツ戦プレビュー】

BO03BO04.png
 
2月17日(土)、18日(日)はアウェー・船橋アリーナ(千葉県)にて千葉ジェッツとの東地区首位攻防戦!!
 
◆渡邉AGM「TAKUMA’S EYE」
「ここからが正念場!!我慢して自分たちのバスケを。」
各チーム、チャンピオンシップ(以下、CS)を意識し始める時期になり、順位争いも熾烈になってきた。アルバルク東京は先週の川崎ブレイブサンダース戦で初戦の大敗から見事立て直し、2戦目は価値ある1勝をあげた。この勢いを今週も継続し、CS進出に向けて勝ち星を重ねていきたい。
 
今節はアウェーで千葉ジェッツふなばし(以下、千葉)との連戦となる。千葉は現在26勝10敗の東地区2位。天皇杯を制した経験からチーム力が更に上がったと言っても過言ではないだろう。その理由としては、天皇杯をPG#2 富樫抜きで勝ったことが最大の収穫だったと言える。#2 富樫が復帰してくるかどうか分からないが、中心となってくるのはPF#3 パーカー、PG#11 西村、PF#21 エドワード、SF#34 小野だ。特に#11 西村の存在の大きさは天皇杯でも証明済みであり、今節だけでなくこれから迎えるCSでも危険な存在となってくるのは間違いない。彼のシュート力には以前から定評があったが、最近で状況判断がとても良く、チームメイトのストロングポイントを上手く引き出している。インサイドでは#21 エドワードが安定した存在感を出しチームを支え、オールラウンドに活躍する#34 小野がチームの核となりバランスを取っている。チームで試合をしっかり展開してくる千葉は本当に手強いチームだ。
 
対するアルバルク東京は現在28勝8敗で東地区首位。先週末は同地区の川崎相手に初戦は大敗を喫したが、翌日はしっかり立て直ししっかりと挽回している。この経験をしっかり活かして今節の千葉戦を戦い抜くことが大事だ。キーとなってくるのはディフェンスで先手をとることだろう。川崎戦ではシューター陣に隙を突かれて得点を許してしまい勢いに乗せてしまったので、シューター陣が充実している千葉にもディフェンスからしっかり入っていくことが最も優先しなくてはいけない事だ。ここで先手を取ることがオフェンスの流れにも繋がり、いい展開になっていくだろう。チーム全員、走る力があるので積極的に走りシンプルな得点を増やしていくことが勝利への近道だ。選手個々のコンディションも気になる所ではあるが、今まで誰かがいなくてもその穴をチームで埋めてきたように、この我慢の時期をチームで乗り越えて行く事が今後のCSで活きてくる。チーム一丸となって、この我慢の時期を乗り切って欲しい。
 
アウェーでの首位攻防戦になりますが、素晴らしい試合になるのは間違いありませんので、お時間がある方は是非会場で選手たちに声援を送ってください!よろしくお願い致します。 Let's go ALVARK TOKYO!!!
 
s_AZ4_1459.jpg
◆#31 ウィリアムズ選手コメント
千葉ジェッツは爆発力があるオフェンシブなチームなので、フィジカルなディフェンスでスピードと勢いに乗せない事が鍵となります。アウェーで戦う東地区首位攻防戦のビッグゲームです。しっかりと準備して、ベストパフォーマンスで挑みます。引き続きチームのサポートよろしくお願いします。
 
【試合中継】
「スカパー!」、「スポナビライブ」では両日、「J:COM」では2月18日(日)のみ試合中継が行われます!!
◆テレビCS中継
スカパー詳細は↓
https://sports.skyperfectv.co.jp/bleague/
 
◆ケーブルテレビ
J:COM詳細は↓
https://c.myjcom.jp/jch/p/bl_tokyo/
 
◆ネット中継
スポナビライブ
※スポナビライブの新規加入受付は終了しております。
 
【試合情報】
2月17日(土)、18日(日)タイムスケジュールやイベント情報はこちら