MENU

ALVARK TOKYO

MENU

NEWS

HOME>ニュース>ルカ・パヴィチェヴィッチヘッドコーチの交通事故について

ルカ・パヴィチェヴィッチヘッドコーチの交通事故について

いつもアルバルク東京へのご声援ありがとうございます。
 
本日8月26日(土)午前に東京都国立市内国立駅付近で、当クラブ所属のルカ・パヴィチェヴィッチヘッドコーチ(HC)の運転する普通乗用車が、立川市内に勤務する男性が運転する普通乗用車に接触する事故を起こしました。
なお、接触した車輌に乗車されていた方(男性/同乗者なし)、ルカHCには怪我はありません。
まずは交通事故の発生および接触した車輌に乗車されていた方に対して、ご迷惑をおかけしましたことを心からお詫び申し上げます。
クラブといたしまして、ルカHCに対して厳重注意を行うと共に、先月の選手の事故もあったことを含め重く受け止め、今後の再発防止に向けて全選手、関係者に交通安全の取り組みを徹底してまいります。
 
◆日時:2017年8月26日(土)8時40分ごろ
 
◆場所:東京都国立市東2丁目22付近
 
◆概要:8月26日(土)8時40分頃、チーム練習のためトヨタ府中スポーツセンター(府中市北山町)に向かう途中、東京都国立市2丁目22付近にて、ルカHCが運転する乗用車が駐車する際に停止中の乗用車の後方部分に前方不注意により接触しました。
 
◆ルカ・パヴィチェヴィッチ ヘッドコーチコメント:
I am sorry I have caused an accident due to my carelessness. I would like to give my sincere apology to the person of the accident and to those who have been involved for the inconvenience.
 
Luka Pavicevic
 
このたび、私の不注意により事故を起こしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。接触した車輌に乗車されていた方には心からお詫び申し上げます。また関係する皆様にも大変ご迷惑をお掛けしてしまったこと、深く反省しております。
 
ルカ・パヴィチェヴィッチ