MENU

ALVARK TOKYO

MENU

NEWS

HOME>ニュース>B.LEAGUE2017-18シーズン ホームゲーム開催アリーナ決定のご報告

B.LEAGUE2017-18シーズン ホームゲーム開催アリーナ決定のご報告

いつもアルバルク東京へのご声援ありがとうございます。
 
この度、ホームアリーナである国立代々木競技場第二体育館が、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向けた大規模改修工事のため、2017年7月3日(月)から利用が出来なくなります。それに伴い、B.LEAGUE2017-18シーズンのホームゲームは駒沢オリンピック公園総合運動場体育館、10月オープン予定のアリーナ立川立飛及び現在調整中のアリーナで開催することが決まりましたので、ご報告させていただきます。
 
なお、カーディング(日程、対戦カード、試合会場、開始時間) 、調整中の会場につきましては、情報解禁のタイミングに従い随時発表させていただきます。
 
■駒沢オリンピック公園総合運動場体育館
住所:〒154-0013 東京都世田谷区駒沢公園1−1−1
アクセス:東急田園都市線「駒沢大学駅」下車徒歩15分
http://www.tef.or.jp/kopgp/gym_top.jsp
 
■アリーナ立川立飛(10月オープン予定)
住所:〒190-0015 東京都立川市泉町500番4
アクセス:多摩モノレール「立飛駅」下車徒歩1分
http://ur2.link/EcYE
 
※ホームアリーナである国立代々木競技場第二体育館が改修工事につき、クラブの責に帰さない事由により利用できない状況であることから、Bリーグクラブライセンス交付規則第20条第2項に基づき、Bリーグの承認を受けております。
 
■クラブライセンス交付規則
https://www.bleague.jp/about/pdf/r-36.pdf